• EvenCoating1
  • EvenCoating2
  • EvenCoating3
  • EvenCoating4

デュララはより均一なコーティングを提供します

他の硬質クロムメッキ溶射などのコーティングプロセスは均一性の欠如あることで知られています。電気めっき及び溶射は、いずれも指向性のプロセスであるため、コーナーやエッジは厚く、凹部領域は薄くなる傾向にあります。この塗布ムラは、実際にはこれらのプロセスの両方が、寸法公差を満たすために追加機械加工を必要とする主な理由です。そして、この余分なステップは、当然のことながら、生産時間と費用を大幅に追加させます。

後処理を必要としません

対照的に、デュララコーティングの利点の一つはその均一性です。デュララはスプレーコーティングではないので、通常照準線アプリケーションに関連付けられている制限がありません。その代わりにデュララは非常に共形的かつ均一であり、 3次元コーティングにとても適しています。他のコーティング方法においてはチャレンジングであるねじ山や複雑な特徴の形状であっても非常に一貫したカバレッジを提供します。

その結果デュララコーティングは後処理を必要とすることなく、非常に正確な寸法公差を達成することができます。それは時間とお金を節約し、プロセスを合理化します。