• Hard Chrome 1
  • Hard Chrome 2
  • Hard Chrome 3
  • Hard Chrome 4

デュララコーティング:硬質クロムからの置き換え

硬質クロムメッキは長期に渡り一般産業用途向けに使用されてきました。それは比較的簡単なアプリケーション向けに抵コストで適度な硬さと耐食性を提供してきました。また、低摩耗な性能により一部のアプリケーションにおいて、寸法公差小さくすることができました。しかしながら、硬質クロムは抜本的な限界があります。

クロムの制限

クロムの限定された硬度と耐食性は、多くのアプリケーションで問題を引き起こす可能性があります。正しく適用されない場合は、クロムは高負荷条件下 で孔食や剥離等の問題が発生します。また、遅い成長速度は長い時間を必要とします。また、油圧ロッドなど要求の厳しいアプリケーションで使用される部品は、十分な厚さのハードコーティングを得るために3〜4回メッキする必要性があります。コーティングのムラはクロムメッキのさらなる問題です。電解メッキは指向性のプロセスであるため、凹部領域の縁や角に厚く、リセス部では薄くなります。このため、適切な寸法公差を得るためにメッキ後の追加加工、経費を必要とします。

これらの性能上の問題に加えて、メッキ液による化学的汚染は、クロムメッキの固有の問題でした。Cr-6は、深刻な職業や環境災害を装った、発がん性物質の可能性があるとして分類されています。クロム規制はますます厳しくなっており、多くのメーカーは、環境を損なうことなく優れた性能を提供できる代替案を模索してきました。

デュララ:硬質クロムを凌駕するパフォーマンス

クロムの置き換えとしてデュララは最適です。:デュララは事実上すべての面でクロムの性能を上回ります。非常にきれいに整列されているナノコンポジッ トのダイヤモンド構造のデュララは、より高硬度で耐久性能に優れています。またアモルファス構造であるため、耐腐食、浸食性に対しても優れています。またデュララは、後処理 を必要とせずに、速い処理時間で厚いコーティングを生成することができます。デュララはクロム以上のコーティング膜を後処理加工無しで、厳しい寸法公差 を維持することが可能です。

最後にデュララは、先端の硬質コーティング膜を、より速く、適用しやすく、かつ環境を損なうことなく、そして低コストで提供します。