• Thermal Spray 1
  • Thermal Spray 2
  • Thermal Spray 3

デュララコーティング
溶射からの置き換え

通常、金属、合金、炭化物またはセラミック上に噴霧、溶融、HVOF(高速酸素燃料)を含む溶射皮膜の様々なタイプは、原材料を溶融することによって生成されます。サーマルスプレーは強力な結合強度を有し厚い、密なコーティングを生成することができますが、これらのコーティングプロセスもまた、基本的な課題を持っています。

溶射皮膜の問題

溶射のおける最大の欠点は、コストです。溶射は、被覆される特定の部分ののみに被膜するためにロボットのプログラムを頻繁に作成、校正が必要になります。クロムメッキはコート全面、溶射は、通常一度に四分の三インチ程度の領域に生成されます。単純な部品の場合は、クロムメッキに比べ安価になりますが、複雑な形状部品上の溶射処理は、かなり高額になります。

他の課題は、指向性の強いコーティングプロセスであることです。狭い内面、内側部分のコーティングの際は対応できず、他のコーティング方法を使用する必要があります。加えて、溶射皮膜は、寸法公差を維持するため、追加加工工程を必要とします。

デュララの利点

デュララは、溶射膜より強い結合のコーティング被膜を提供することができます。またユニークな多層膜と、ナノコンポジット構造の組み合わせにより、デュララは高硬度だけではなく、優れた摩耗耐食侵食性を提供します。そして、それは精密な公差を得るための追加機械加工を必要としないため、より速く、より簡単な、より合理的プロセスですべてを達成することができます。デュララは溶射皮膜の置き換えとして、より低価格で良質はコーティングを提供します。