• Erosion 1
  • Erosion 2
  • Erosion 3

耐侵食性

金属の腐食または侵食性磨耗は、液体、気体または金属表面に衝突する固体粒子の研磨作用による金属材料の破壊と定義することができます。浸食損傷の重症度は、相手材の硬度、形状及び微粒子サイズ、ならびに衝突速度および角度によって決定されます。浸食損傷は、多くの産業用アプリケーションで金属部品の劣化を発生させ、部品修理や交換などの必要性を生じさせる要因となります。

デュララの耐食性

デュララコーティングの特別な硬度は浸食に対する最強の防御です。金属とダイヤモンド成分のナノコンポジットコーティングは硬度と靭性を与え、浸食を防御することができる数少ないコーティングです。またデュララは摩擦係数が低い非常に滑らかなコーティングで、浸食性の影響を最小限に抑えることができます。

加えて、デュララコーティングは各層の厚みや性質を変化させることで広範囲のアプリケーションに合わせたコーティング性能を得ることができます。たとえば耐侵食性は、単に層の一つ以上を調整することでより高硬度あるいは靭性を与えて、目的に応じて強化することができます。

デュララは耐侵食性能を有した非常にユニークなハードコーティングです。